住宅用マルチエアコン 住宅用 TES(ガスエアコン)入替 神奈川県内の工事

藤沢辻堂にて テスエアコン式(壁掛)マルチの入替工事

今回は、藤沢市辻堂にて行った東京ガス製テス(TES)のマルチエアコンの入れ替え工事です。

ガスエアコンの室外機が複数(3台)ありました。そのため、エアコンの交換工事を行う前にどの室外機とどの室内機が繋がっているかについて確認する必要がありました。

マルチエアコン

製品:パナソニック製
CS-M502C2-W (6畳 壁掛形)x1台
CS-M362C2-W (12畳 壁掛形)x1台
CS-M282C2-W (10畳 壁掛形)x3台
CS-M252C2-W・C (8畳 壁掛形)x(各1台ずつの計2台)
CS-M222C2-W (6畳 壁掛形)x3台
CU-M532C2  (マルチ用室外機 2室用)x3台
CU-3M682C2 (マルチ用室外機 3室用)x1台
室内機9台・2台マルチ室外機3台・3台マルチ室外機1台

1-外観 2-既存室外機(1)

▲ こちらは施工現場の外観です。基本的なことですが、エアコンの工事は見積り・現地調査の際に室外機と室内機の配管系統をきちんと確認します。今回の工事はガス式のマルチエアコンで、尚且つ室外機が複数台存在していました。

ですので、こうした事前チェック(※どの室外機がどの配管でどのエアコンと接続されているか)は大変重要な確認作業になります。運転が可能な機器が大半でしたので、運転のON/OFFにて系統をチェックすることができました。万が一、運転が不可能の場合は、時間が掛かってしまいますが、「テスター」を用いた通電試験により調べることになります。

画像右側は、既存の室外機をポンプダウンして取り外していきます。「ポンプダウン」は、既存配管中に存在する冷媒ガスを室外機に戻す作業です。

3-既存室外機(2) 4-既存室外機(3)

▲ こちらは3台用の室外機です。上記でご説明した内容と同様の作業をすすめています。画像の右側は2台用の室外機です。

5-既存室内機(1) 7-室内機取付中

▲ 既存の壁掛けの室内機を外していきます。ダイニングの室内機を取り外したところです。こちらの既存冷媒配管のサイズが「φ6.3/φ12.7」となっております。今回設置する機器では「φ6.3/φ9.5」の配管サイズでしたので、配管の「異形接続」を行う作業でした。

8-室外機側取付中 9-室内機取付(1)

▲ 既存室外機を撤去し、配管作業を進めていきます。画像右側はリビングの室内機です。

10-室内機取付(2) 11-室外機取付(1)

▲ 和室の室内機は要ろの選定ができる仕様でしたのでベージュ色にすることで違和感なくエアコンを設置することができました。真空引きを行います。

12-室外機取付(2) 13-室外機取付(3)

▲ 真空引きが完了し、ふたをしめて作業が無事終わりました。試運転も問題なくおわり全ての作業が完了です。今回は、二人の作業員で二日間の工程でした。

お客様の大切なご自宅・事業所のエアコン工事は、
各種工事実績豊富な
エアコン専門館へお任せください。

マルチエアコンの入替や、東京ガス(TES)エアコンからの入替も
毎日のように行っています。

家庭用エアコンに限らず、業務用エアコン、店舗エアコンの設置も
技術力の高い専任スタッフを持つ当社ならば安心です!

お見積り無料。
まずはお気軽にお問い合せ下さい。

無料見積