漏電ブレーカー

漏電ブレーカー

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーとは、漏電が起こった際に電流を自動的にストップさせる装置です。
漏電遮断器などとも呼ばれており、基本的に分電盤の中に安全ブレーカーなどと一緒に設置されています。
通常の安全ブレーカーが過負荷や短絡による過電流から回路を保護しているのに対し、漏電ブレーカーは地絡による感電を防止する目的で回路に設けられています。
漏電ブレーカーが落ちた場合は、事故防止の為にも漏電が起こっている箇所を早急に見つける必要があります。